副業どころか本業に!?海外輸出入の仕組み

海外の商品を日本で、日本の商品を海外で販売

販売系の副業には、
1、「輸入ビジネス」…海外製品を輸入して日本で販売
2、「輸出ビジネス」…日本製品を輸出して海外で販売
輸出入を本業にしている人もいるほど人気のあるビジネスです。
英語が出来なくてもネット上に便利な無料の翻訳サイトやサービスがあるため、これらを活用して取引相手とメールで意思の疎通さえできれば問題ありません。「輸出入ビジネスはハードルが高い」と思っている人が多いのが現状です。これから始めてみようと考えている人にとっては、ライバルが少なく手堅く稼ぎやすいというメリットがあります。

 

商品ジャンルごとに仕入れ先を変える

輸出入ビジネスもせどりと同じで、安く仕入れて高く売ることが基本です。
海外輸入の仕入れ先は、「eBay(オークションサイト)」と「アメリカのAmazon」が代表格のサービスです。
アクセサリーを中心に仕入れるなら、中国の「アリエクスプレス」「アリババ」「タオバオ」等がおススメです。
パーティードレスなら「Vivica」「Duo」、水着なら「AKF」を見てみましょう。

狙い目は「ご当地限定」と「日本未発売」の商品

限定商品と国内未発売商品は高値で販売できる

輸入商品の狙い目は、人気ショップの各国限定デザインや、まだ日本に入ってきてない商品です。

このような商品は、日本では原価の数倍の値段で売れることもあります。
輸入に向いているのは、「安い」「軽い」「小さい」の3つの要素を兼ね揃えた「VLC」と呼ぶ商品です。
VLCを満たした商品で、日本の販売価格と差が大きくニーズのある商品を積極的に仕入れていきましょう。
尚、法律に抵触する商品は輸入が規制されており注意が必要です。

 

仕入れる商品の探し方

  1. 日本のAmazonで「並行輸入品」「日本未発売」などのキーワードで輸入品を検索する。
  2. 商品の登録情報欄にランキングが表示されるのでチェックしましょう。
  3. チェックした商品をアメリカのAmazonで検索してみましょう。

アメリカのAmazonの方が価格が安いことがほとんどです。また、ほかのサイトでも価格を見比べて最も安い価格のものを仕入れましょう。
eBayで過去の取引データを閲覧できる「TeraPeak」では、相場や人気をリサーチできるので、日本でニーズがある商品なのかを見極めましょう。

レア物を仕入れるならeBayにお任せ

日本未発売のレア物を安く仕入れ、国内で販売して稼ぐ

「eBay」は、世界30か国以上で展開されている世界最大のオークションサイトです。
レアな商品も数多くあり、これらを仕入れてヤフオク!等で販売することで多くの利益を出すことが可能です。
具体的に狙い目になるのは, 日本未発売、日本未入荷の正規品です。
とくにブランド物のバッグやアパレル、キャラクターグッズ、スニーカーなどの人気は根強い物があります。

 

「eBay」仕入れの流れ

商品をリサーチして入札する

日本では手に入らないレアな商品を探す。商品代金だけでなく送料や輸入にかかる費用も考慮しましょう。

落札されるとメールで通知が来る

落札したら支払い手続きを完了させましょう。

発送され日本に到着すると税関から連絡が来るので手続きをする

発送に国際宅急便を利用していたら、通関手続きは代行してくれます。

仕入れた商品が届く

取引が完了したら、Feedbackと呼ばれるセラーへの評価も忘れずにつけましょう。

日本だけじゃない!海外のAmazonだって商品豊富

海外のAmazonでは日本より安く変えることも

個人で仕入れることで、企業よりも、必要な人件費などを抑えて販売できます。
価格を抑えることができれば、選んでくれる顧客も多くなります。
このような海外商品を多く仕入れて日本国内で販売し、利益を生み出していきましょう。

 

海外転送サービスとは

日本への配送に対応していない商品の配送の送り先を海外の国際配送用住所を指定して、一度海外の物流センターへ配送するサービスの事です。

海外のネット問屋で、激安商品を大量仕入れ

安さ、スピードを武器にガンガン攻めの輸入販売を

中国のネット問屋は激安で購入することができます。
一度に大量に仕入れることもできて、種類も豊富にあり、個人での仕入れにも対応してくれる。
今では、粗悪品は昔ほど多くはありません。
航空便を使えば2〜3日、船便でも2週間程度で手元に届きます。
中国輸入専門の代行会社を利用することもできます。

日本ならではの商品は、海外で売って稼ぐ

販売先は世界中!商品を海外に売ってみる

海外に輸出するメリットは日本国内よりもはるかに市場規模が大きく、商品のニーズも多様で、チャンスも多いことです。

日本市場では、低価格で取引されている商品の中には、海外市場なら高額で取引されているものも多く存在しています。
ビジネスとして軌道に乗るまでの敷居は高いが、国内市場に限界を感じている人は挑戦するのもいいでしょう。

簡単にまとめると

在庫・発送管理を任せられビジネス展開を始めやすいAmazon

 

個性を出してじっくり取り組むのに向いているeBay

おススメはこちら

トップへ戻る