収益に結び付く記事とは?

広告とは商品にたどり着くまでの手助けをするもの

記事に掲載された広告は、訪問者が記事を読んでその商品を欲しいと思った時に、わざわざ商品を検索しなくても購入ページへ行ける入口のようなものです。アフィリエイターの作る記事は、訪問者がその商品にたどり着くまでの手助けをするコンテンツだと考えましょう。
訪問者が自然に広告をクリックしてくれる記事とは、訪問者にとって有益な情報を提供する記事です。アフィリエイター独自の情報を読んで、訪問者は商品に興味を持ちます。自分にしか提供できない体験談などを盛り込んで、オリジナリティある記事を作りましょう。

見やすくてタメになる情報が書いてある記事を作る

何より重要なのは、訪問者にとって有益な情報が書かれている記事です。自分の体験を書くことが大切です。実際に商品を使った自分にしか書けない記事を書くことと読みやすい記事を書くことがポイントです。
読みやすい記事とは、テンポと適度な改行や見出しの挿入、画像と広告の数など、記事全体のバランスが重要なポイントです。
つまり、記事の中身と見た目、両方が大切だということです。

ターゲットを具体的に想定してみる

ターゲットを設定しなければどの層にも響かない

記事の作成時にはターゲットを具体的に想定することが必要です。記事を作成する前またはサイトを作成する前に、ターゲットをしっかりと決めておくことで、方向性の定まった内容を構築していくことができるのです。なお、ターゲットテーマの選定は、サイトのデザインにも大きく影響してきます。ターゲットが女性であれば淡い色、テーマが食品であれば暖色系にするなどが考えられます。

同じ商品でもターゲットによってアプローチ方法を変える

同じ商品でも年代や性別によって違ったアプローチを考えましょう。
それぞれの訪問者がどのような立場であるかなどをよく考えて、相手の心に響く記事を作っていきましょう。

訪問者は購入の意識によって3つのタイプに分けられる

  • 即買派…商品を買うつもりでサイトに訪れている。商品の良いところを前面に押し出すことで、細かい商品説明をしなくてもすぐ購入してくれる。
  • 検討派…商品を購入する気はあるが、より良いものを求めている。似ている商品を2つ以上探し、それぞれのスペックやメリット・デメリットなどを比較する。
  • 慎重派…サイトの訪問者に1番多いタイプ。積極的に商品紹介をしていくよりは、まずは自分の体験談などで共感、興味を持ってもらうところから始める。

どの訪問者を狙うか迷ったときは「慎重派」に向けて記事を書きましょう。このタイプには自身の経験や商品の特徴を説明する必要があるため、他のタイプの訪問者に対しても説得力のある記事に仕上げることができます。

「主観」「客観」「比較」のバランスが大切

クリックしてもらえる商品紹介の仕方とは

記事を書く上では、次の3点をバランスよく取り入れた文章を書くことがポイントです。

  • 「主観」…自分の意見
  • 「客観」…口コミやデータ
  • 「比較」…他商品との比較

主観的な感想

他の人が書いていないような主観的な情報を発信して行くことが、結果に結び付ける大事なポイントです。
自分の意見をしっかり述べることで競合サイトとの差別化を図ることができます。

客観的なスペック

客観的な情報を入れ込むことでバランスを調整しましょう。
口コミサイトの評価点を載せても良いでしょう。

他商品との比較

類似商品との比較情報も大切です。
他の商品よりも優れているポイントや劣る点を表などにまとめて掲載してみましょう。

商品の悪い点も書いて信頼度をアップさせる

商品紹介では、商品を使用して築いた点をすべて正直に書くことを意識しましょう。
欠点を書く時のコツは、悪いところを先に述べて、そのあとに良いところや改善点で締めることです。
商品の欠点をカバーする別の商品を一緒に紹介することも効果的です。

テンポのよい文章にまとめるコツ

文章の基本構成は序論・本論・結論

読みやすい文章のコツは、テンポよく話を展開することです。

  • 「序論」…文章の前振り。商品を紹介するきっかけなどを簡単にまとめる。
  • 「本論」…メインの部分で全体の8割くらい。商品情報や使用してみた結果を書こう。
  • 「結論」…改めて商品のおすすめポイントをまとめて、購入したい気持ちの背中を押そう。最後の広告を貼っておくのも忘れてはいけない。

以上の構成を意識して書けば、冗長な文章になることなく説得力ある展開になる。

見出しをつけて読みやすい記事にする

見出しをつけることのメリット

  • 記事にメリハリがつく
  • 欲しい情報だけをかいつまんで読める
  • SEO(検索エンジン最適化)で有利になる

広告と画像・テキストのベストバランスはこれだ

記事の見た目を変えるポイント

記事にはテキストだけでなく、画像や広告を掲載しますが、そのバランスに気を付けることが大切です。

広告の数は必要最小限に抑え、できるだけクリックされやすい場所に配置しましょう。
また、適度に写真などの画像を入れて、ビジュアルとテキストの両面から内容を説明することが重要です。

広告の種類と配置を工夫する

アフィリエイト広告の中でも、比較的クリック率が高いのがテキスト広告だと言われています。説明文の商品名や画像の近くの小見出し代わりになどに使いましょう。
バナー広告を使用すると、テキストばかりの記事よりもページ全体の見栄えが良くなり、商品も目立たせることができます。バナー広告はさまざまなサイズが用意されているので、自分のサイトのサイズや文章のバランスを見て、1記事に1〜2枚程度使いましょう。
また、文末にテキスト広告かバナー広告を掲載して、購入を迷っている訪問者に対して最後の一押しをしましょう。

黄金ルールに沿って記事を作成する

テキストは、序論1割、本論8割、結論1割になるのが理想です。この構成で2000文字を目安に文章を作成して、画像と広告を掲載しましょう。
できれば、自分で撮影した写真を2〜3枚掲載すると訪問者に安心感を与えます。
バナー広告は記事の中盤と最後に貼るのが定石です。テキスト広告は文章中や記事の最後に貼りましょう。

きれいな写真で訪問者の信頼度をアップさせる

低クオリティな写真は記事の信頼度を下げてしまう

アフィリエイトでは、写真の印象が売り上げを大きく左右する場合もあります。自分で撮影した写真を載せることでオリジナリティを出すことができて商品の魅力も伝わりやすくなり信頼度もアップできます。きれいな写真を掲載しているサイトや記事を参考にするのも一つの手です。

写真を撮るときのコツや注意点

  • 日中の明るい場所で撮る
  • ピントを合わせてアップで撮る
  • 小道具をうまく使う
  • 商品の色味や形が変わらないように注意して加工しよう

目指せ100記事!効率的な記事作成のポイント

記事の多いサイトは訪問者の信頼も得やすい

アフィリエイターはいくつもの記事を定期的に更新し、最新の記事から過去の記事まで掲載した広告によって収入を得ています。
一度投降した記事は広告のリンクが切れない限り、収益を上げ続けてくれます。
アフィリエイトで成果を上げるためには、まず100記事を更新することを目標にして取り組みましょう。
100件を目標に数をこなすことで、書き方のコツや訪問者に響く文章がわかってくるでしょう。

効率的に記事を作成する方法

  • 書きたいことを明確にする
  • 下書き機能を利用する
  • 予約投降機能を利用する

過去の投稿からアクセス数や成約が多かった記事を、テンプレートとして利用するのも賢い方法です。

【アフィリエイト】でしっかり稼ぐ方法!

トップへ戻る